医療機関に頼らず、胃潰瘍対策するなら良質な睡眠

胃潰瘍は胃の粘膜がただれたり、崩れたりして出血し痛みが起こります。
ストレスや神経質な人がなりやすいと言われています。
胃潰瘍の症状として、お腹のみぞおち辺りに痛みが出ます。
食欲不振、吐き気、体重減少、胸やけ、酸っぱいゲップが出たりするなどがあります。症状が重くなってくると、吐血や血便、膵臓まで炎症が及び背中に痛みが生じる場合があります。胃潰瘍でも痛みをあまり感じない場合もあるので、少しの違和感でも感じたら医療機関に診てもらうようにしましょう。
胃潰瘍の原因はストレス、ピロリ菌の感染、刺激の強い香辛料、喫煙、飲酒、珈琲、早食い、暴飲暴食睡眠不足などが挙げられます。症状が重くない限りは薬の服用で改善できるので早期に医療機関に行きましょう。
普段の生活から胃潰瘍にならないように対策することが大切です。ストレスは一番胃に負担がかかります。自律神経が乱れて血行不良や免疫力が低下してしまいます。ストレス改善と免疫力をアップさせるのに一番良い方法は睡眠です。良質な睡眠をとる事で胃を守ることに繋がります。睡眠をとる事で自律神経を整えるだけでなく、免疫力もアップさせることが出来ます。良い睡眠はストレスも解消できます。
良質な睡眠をするには、就寝前にゆっくりお風呂に浸かって体を温めることで寝つきが良くなります。注意点は熱すぎる温度は逆効果です。交感神経が刺激されてしまい寝つきが悪くなります。35度から37度くらいのぬるま湯くらいが良いです。就寝前にテレビやパソコン、スマートフォンなどを見ると脳が興奮状態になり、眠りにくくなります。
食事は塩分や香辛料は控え、ポリフェノールや食物繊維を多く摂取するように心がけましょう。熱すぎるもの、冷たすぎる食べ物や飲み物も胃に負担をかけるので注意が必要です。
定期的に医療機関で診察してもらうようにしましょう。

ページの先頭へ戻る